新技術紹介

補修補強技術 … 直線形鋼矢板巻き立て耐震補強工法

東日本旅客鉄道株式会社
ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社
東鉄工業株式会社
株式会社 日本海洋建設

技術の概要

本工法は、地上部から橋脚く体を取囲むように直線形鋼矢板を建て込んだ後、直線形鋼矢板内部の土砂を吸引等により撤去し、コンクリート等を充填して一体化させ、既設橋脚のせん断耐力および変形性能を向上させる工法です。
補強本体構造に直線形鋼矢板を用いることにより、河川内にある橋脚や地中にく体が深く埋まっている橋脚を補強する場合に必要となる仮締切り工や仮土留め工等を省略することができるので、工事期間の短縮と補強工事費の低減が図れます。

技術の概要

適用箇所

RC橋脚の耐震補強において,河川内の仮締切り工や地中部の仮土留め工が必要な箇所

特徴及び優位性

・耐震性能
RC巻き立て耐震補強や鋼板巻き立て耐震補強と同等の耐震性能を有します。

・施工性
直線形鋼矢板を補強本体構造に用いるため、大規模な仮締切り工や仮土留め工が不要となり、施工スペースの縮小が図れます。

・工程面
大規模な仮設工が不要となり、早期に補強工事に着手できるため、工事期間の短縮が図れます。

・コストダウン
大規模な仮設工が不要となり、全体工事費の縮減が図れます。

施工実績

  • 直線形鋼矢板巻き立て耐震補強工法 施工実績 100 基(JR東日本)(2016 年4 月現在)