新技術紹介

補修補強技術 … シートパイル基礎工法

公益財団法人鉄道総合技術研究所
株式会社大林組
新日鐵住金株式会社

技術の概要

シートパイル基礎工法は、フーチングと鋼矢板を組み合わせて荷重を支持し、非常に高い耐震性能を得ることができる基礎形式です。水平抵抗、引抜き抵抗を鋼矢板が分担することにより、既存の直接基礎や杭基礎の耐震性能を改善することができます。新設基礎の耐震性能、支持力性能向上にも効果が期待できます。
なお、技術資料として、「鋼矢板を用いた既設鉄道構造物基礎の耐震補強工法(シートパイル補強工法)
設計・施工マニュアル(案)(第3版)」および「鉄道構造物基礎に適用するシートパイル基礎の設計・施工マニュアル(案)(第3版)」をご用意しています。

技術の概要

適用箇所

中小規模の既設基礎の耐震補強

適用箇所

特徴及び優位性

・優れた耐震性能
直接基礎の場合,鋼矢板が水平抵抗、引抜き抵抗を分担し、高い耐震性能が得られます。
杭基礎の場合、杭頭部の水平変位を抑制し、杭体に発生する断面力を低減できます。
また、先端加工鋼矢板を使用することで、さらに高い支持力を期待できます。

・優れた経済性
基礎の一部として使用する鋼矢板を既設フーチング掘削時の仮土留めとして有効利用します。
通常の増し杭工法に比べてコストダウンが可能です。

・優れた安全性
鋼矢板打設は既設基礎への影響が少ない圧入工法で行い、安全性を確保します。
また,鋼矢板は残置するため、撤去に伴う地盤損傷の可能性がありません。

施工実績

  • 既設基礎 : 鉄道高架橋耐震補強(東日本旅客鉄道,東武鉄道,近畿日本鉄道,京王電鉄,他)
    道路橋梁基礎補強(北海道開発局)
  • 新設基礎 : 鉄道高架橋新設工事(西日本旅客鉄道),鉄道盛土擁壁新設基礎(西武鉄道)

詳細資料をダウンロード