新技術紹介

補修補強技術 … RP(リブプレート)耐震補強工法

東日本旅客鉄道株式会社

技術の概要

分割した鋼板を柱部材の周囲を取り囲むように配置し、柱の隅角部を充填することにより、一体化を図り、十分な耐震性能を与える耐震補強工法です。特に、高架下利用箇所などの支障物がある部分で優れた施工性、経済性を発揮する工法です。

技術の概要

適用箇所

高架下を店舗・倉庫等で利用しており、狭隘および支障物のある箇所におけるRC高架橋柱、橋脚、建物柱等

特徴及び優位性

・耐震性能
従来工法(鋼板巻き耐震補強等)と同等の耐震性能を有します。

・コストダウン
狭隘な作業空間において、大掛かりな支障移転等を必要としないため、従来工法に比べて工事費が低減できます。

・施工条件
人力での施工が可能なため、従来工法で施工できない狭隘な箇所でも施工可能です。
また、施工において特殊技能は不要です。

・その他
補強鋼板の加工が容易なため、斜角柱などの断面形状に対応できます。

施工実績

  • ラーメン高架橋等耐震補強 施工本数 約180 本(JR東日本他)(2016 年4 月現在)