新技術紹介

補修補強技術 … FSハニカムリペア工法(豆板注入補修工法)

東日本旅客鉄道株式会社

技術の概要

コンクリート構造物の初期欠陥である豆板が発見された場合、通常は、豆板を取り除いて断面修復する補修方法が一般的です。しかし、従来の補修方法では、健全なコンクリート(健全部)と断面修復した箇所(補修部)の間に補修界面(界面)ができ、将来的な剥離・剥落のリスクが懸念されます。 そこで,豆板を取り除かずに、豆板の表面にシール材を塗布し、豆板の内部空隙に固結材を注入して補修する方法を開発しました。

技術の概要

適用箇所

コンクリート構造物(トンネル・橋りょう等)の補修

特徴及び優位性

・優位性
豆板部を取り除かないことで、補修により形成される連続的な補修界面を作りません。これにより、将来的な剥離・剥落のリスクを低減します。 本補修工法により、健全なコンクリートと同等以上の性能に回復させることもできます(※注入する固結材の種類によります)。

・作業性
重量のある機材や大型機械を使用せず、すべて、人力による作業が可能です。

施工実績

  • 材料試験、構造部材試験他
    1) 佐々木尚美,小林薫,半井健一郎:樹脂注入による豆板補修工法の提案と各種材料強度の評価、土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)、Vol.70、No.2、pp.252-271、2014.6
    2) 佐々木尚美、小林薫,半井健一郎:正負繰返し載荷によるRCはり豆板補修部の界面剥離挙動の分析と提案補修工法の検証:土木学会論文集E2(材料・コンクリート構造)、Vol.71、No.4、pp.365-384、2015.11
  • 既設トンネル側壁補修 平成28年 試験施工(東日本旅客鉄道株式会社)