新技術紹介

補修補強技術 … 棒状補強材と崩壊防止ネットを併用した既設石積み擁壁の耐震補強法

東日本旅客鉄道株式会社
(公財)鉄道総合技術研究所

技術の概要

鉄道の土留め構造物として数多く存在している石積み壁に関して、地震時の破壊メカニズムに応じた耐震補強工法を開発しました。従来は、棒状補強材と組み合わせて石積み壁の前面にコンクリート製の前壁を設置する工法や、石積み壁のみの安定を確保する工法がありましたが、本耐震工法は、それらの工法が抱える課題を解決します。
石積み壁の前面にネットを敷設することで、積み石の抜け出しを防止します。
前面に敷設するネットの拘束により、地山補強材の抵抗を全体的に伝達させます。
背面地盤の安定性に応じて、補強仕様を合理化することが可能です。
背面地盤の制約条件に応じて、打設角度を調整して補強することが可能です。

技術の概要

適用箇所

耐震補強を必要とする既設土留め擁壁(石積み)

特徴及び優位性

・コストダウン
従来の補強土擁壁工法と比較して、コンクリート製の前壁を設置する代わりに、作業が容易な軽量で高強度のネットの敷設で良いため、工事費の削減が図れます。

・工期
コンクリート壁の設置工程が省略でき、代替としてネットの敷設工程が必要となります。鉄筋、型枠、コンクリート打設等の工程が不要となるので、大幅な工期短縮がはかれます。

・適用性
石積み擁壁の背面が盛土のような非自立性の地山である場合にも適用が可能です。ただし、背面地山の地盤が非常に軟弱な場合には、適用が困難な場合もあります。

施工実績

  • 大型模型振動台実験
    1) 池本宏文,藤原寅士良,鬼頭和也,橘内真太郎,中島 進,佐々木徹也,窪田勇輝,渡辺健治:崩壊防止ネットと地山補強材を併用した石積み壁の耐震補強方法に関する大型振動台実験,第49回地盤工学研究発表会,pp.1237-1238,2014.7
    2) 窪田 勇輝,中島 進,佐々木 徹也,渡辺 健治,池本 宏文:崩壊防止ネットと地山補強材を併用した石積み壁の大型振動台実験に関する検証解析,第69回土木学会年次学術講演会,pp.679-680,2014.9
  • 京浜東北線上中里・王子間 石積み擁壁耐震補強工 平成28年施工中(東日本旅客鉄道株式会社)