新技術紹介

補修補強技術 … 主桁間隔の狭いPC桁における外ケーブル定着工法

西日本旅客鉄道株式会社
ジェイアール西日本コンサルタンツ株式会社
株式会社エスイー

技術の概要

PC 桁の耐荷性能や剛性が低下した場合、それらを回復する方法として外ケーブルによる補強が有効となる。鉄道PCI 形桁には、写真1に示すように主桁間隔の狭いPCI 形桁が多く供用されているが、主桁間が狭隘なため、図1に示す従来の主桁ウェブに緊結する外ケーブルの定着装置を施工することができ
ない。主桁間隔の狭いPCI 形桁に適用できる外ケーブル補強工法の定着装置として、図2に示す桁間定着方式による定着装置(以下、桁間定着装置)を開発した。
桁間定着装置は、主桁間にコンクリート製の定着装置と下面支圧版を設置し、鉛直方向のPC 鋼材(以下、緊結用PC 鋼材)を緊張することによって、下フランジハンチ面に圧縮力を作用させ、ハンチ面のせん断伝達抵抗力により外ケーブルの張力に抵抗する機構となっている。

技術の概要

適用箇所

橋りょう形式:PCT形桁(PCI形桁)

特徴及び優位性

主桁間隔の狭いPCI形桁に外ケーブルを設置することができる。

大容量の外ケーブル(19S15.2H)を設置することができる。

施工実績