新技術紹介

補修補強技術 … ピンナップ®工法

公益財団法人鉄道総合技術研究所
株式会社大林組

技術の概要

ピンナップ工法は既存の石積壁を対象とした補強工法であり、軽量・コンパクトで簡易な施工方法により耐震性の向上を図れます。本工法は石積壁の変形・崩壊メカニズムに基づき考案されています。間知石と裏グリ石を一体化した固化体を裏グリ石層内に複数個所造成することにより、地震時における石積壁の崩壊の主な要因と考えられる裏グリ石のゆるみを防止し、石積壁の耐震性向上を図るものです。

技術の概要

●石積壁の変形・崩壊メカニズムを考慮した補強方法

技術の概要

・間知石の交点に施工
・水性が良好な裏グリ石の改良に適した注入管ならびに固化材を用いて、裏グリ石層内に注入を行い、隣接する4個の間知石とその背後の裏グリ石を部分的に固化させます
・ピンナップ工法には,間知石と裏グリ石層を固化するⅠ型と、Ⅰ型で造成した固化体を背面地山に定着させ、さらに高い耐震補強性能を発揮するⅡ型があります。Ⅱ型では、袋体を併用することにより定着部の引抜き抵抗力を増大させることも可能です

 


技術の概要

適用箇所

自立性を有する地山の前面に施工された石積壁の耐震補強

特徴及び優位性

・施工機械が軽量・コンパクト:
施工機械が小さく済むため、大規模な足場を必要としません。
また、狭隘な場所での施工が可能です。

・排水機能の保持:
裏グリ石の部分的な固化で済むため、裏グリ石層の排水性を保持します。
また、部分的な固化であるため経済性に優れます。

・景景観に配慮:
補強箇所が目立たず、景観を損ないません。



施工実績

  • 石積壁の補強
    (東日本旅客鉄道,西日本旅客鉄道、東海旅客鉄道、東京地下鉄)