新技術紹介

材料 … プレートナット工法

鹿島建設株式会社
東京鉄鋼株式会社

技術の概要

集合住宅・事務所ビル等の高層鉄筋コンクリート構造において,施工の合理化は重要な課題です。特に外柱・梁接合部内の鉄筋は,従来梁主筋にL形あるいはU形の折曲げ定着を用いるためコンクリート充填性の阻害となるなど,施工の省力化・工期短縮が困難となる場合が多々あります。そこで,ネジ節鉄筋に新考案の定着金物を用いた主筋のプレート式定着法を開発・実用化し,高層RC柱・梁接合部の合理化を図りました。本工法は、日本建築センター一般評定取得ずみです(BCJ 評定-RC0152-07)。D51用プレートナットは、ベターリビングで土木指針による定着性能評価試験を行い、定着性能を確認しています。

技術の概要

適用箇所

適用箇所

特徴及び優位性

コストダウンと配筋施工の合理化

施工実績

  • 星川・天王寺町付近連続立体交差工事(第1工区土木工事)
  • 西鉄雑餉隈駅付近連続立体交差JV工事
  • 北海道新幹線 昆布トンネル(宮田)他
  • 北海道新幹線浜名工区
  • 高架橋耐震補強その6工事のその5工事(北千住2-1橋脚)