新技術紹介

材料 … プレート定着型せん断補強鉄筋「Head-bar」

大成建設株式会社
VSL JAPAN株式会社

技術の概要

構造物の耐震性能を高めるために、従来の直角フックに代わって両端に鋭角または半円形フックを持つせん断補強鉄筋を使用することが推奨されていますが、このようなせん断補強鉄筋を配置するには、主筋と配力筋を含めて複雑な順序で組み立てる必要があり、施工能率の低下,機械式継手によるコストアップなどが問題となります。そこで、確実な定着性能を持ち、施工性と耐震性能の向上を同時に実現する工法としてHead-bar(ヘッドバー)を開発しました。Head-barは、せん断補強鉄筋および中間帯鉄筋などに用いるために、摩擦圧接工法で鉄筋に取り付けたプレートにより定着を確保する構造の鉄筋です。

技術の概要

適用箇所

鉄筋コンクリートの床版、側壁、梁、柱等の高密度な配筋箇所や地下壁等の施工困難な箇所におけるせん断補強鉄筋、中間帯鉄筋に適しています。(建築分野にも適用可能:建築 構造評定取得済)

橋梁下部工・基礎工、トンネル覆工、立坑、ボックスカルバート、地下駅舎、地下駐車場、貯水槽等

特徴及び優位性

半円形フックと同等以上の定着性能を持っています。コンピューター制御された摩擦圧接工程により、鉄筋プレート接合部は鉄筋母材の規格引張強度以上が保証されています。

半円形フックに比べて定着部がかなり小さく、扱いやすいため、両端半円形フックでは施工困難な場所でも迅速に施工できます。(矩形プレートの場合、短辺2φ、長辺3φ程度。半円形フックは曲げ外径が6φ〜7φ。)

地震時に、被りコンクリートの剥落後もコアコンクリートを拘束し、主鉄筋の座屈抑止、構造物の靭性向上に大きな効果があります。

主鉄筋の座屈を抑止 し、部材のじん性を確保することが破壊までの挙動を含めて半円形フックと同等以上であることを実験で確認しており、「機械式鉄筋定着工の配筋設計ガイドライン」において規定されたコンクリートの拘束効果を期待して配置する横拘束鉄筋として使用できます。

継手材料費の節減や、省力化、工期短縮等により、鉄筋工のコストダウンが図れます。

施工実績

[2016.4月現在、実績総数:3,580万本] 
施工実績