menu

鉄道ACT研究会 鉄道建設改良技術の向上を目指して

PR対象工法

補修補強技術

  • お問い合わせ
HOME > PR対象工法一覧 >建築技術 > J-DAIA工法

J-DAIA工法

西日本旅客鉄道株式会社

大鉄工業株式会社

旭化成建材株式会社

  • 技術の概要


    従来の基礎工法では、鉄筋コンクリートで基礎を構築し、その基礎に上部構造の鉄骨柱を接合していたが、ホーム上等狭隘箇所では施工性が悪かった。そこで、基礎を鋼管杭基礎として、上部構造の鉄骨柱と保有耐力接合が可能な接合金具を開発し、コンクリート基礎の省略等、施工の効率化を図ったものが本技術である。

    技術の概要

    技術の概要

    技術の概要

  • 適用箇所


    建物高さ13m 以下、階数3 以下

    1. 適用杭

      φ165.2~φ355.6mm
      (EAZET, EAZET II, ATT コラム)

    2. 適用柱

      角形鋼管、円形鋼管、H形鋼

    適用杭・柱の組み合わせは表による。なお、仮設物・本体構造物の区分を問わない。

    J-DAIA 適用杭本体 適用柱
    記号 径mm (厚み mm) 角形鋼管 円形鋼管 H形鋼
    JD30 165.2 (≦ 7.1) ≦ □175 杭本体径に同じ ≦ H-200×100
    JD35S 190.7 (≦ 7.0) ≦ □200 杭本体径に同じ ≦ H-250×125
    JD35M 216.3 (≦ 12.7) ≦ □250 杭本体径に同じ ≦ H-300×150
    JD40 267.4 (≦ 15.1) ≦ □300 杭本体径に同じ ≦ H-350×175
    JD45 318.5 (≦ 12.7) ≦ □350 杭本体径に同じ ≦ H-400×200
    JD50 355.6 (≦ 12.7) ≦ □350 杭本体径に同じ ≦ H-400×200
  • 特徴及び優位性


    1. 基礎周囲の土工事が削減され、鉄筋コンクリート工事が不要なため、工期を短縮できる。

    2. 接合部において現場溶接が不要であるため、安全かつ品質の確保が容易にできる。

    3. 基礎周囲の掘削範囲削減等から、工事に伴うホーム上の仮囲い範囲を縮小できる。

    4. 杭芯のずれを水平方向40mm まで許容できる。

    5. 適用範囲の組み合わせの杭、柱に対して保有耐力接合を満足することができる。
      (H26.1.20 に日本建築総合試験所の建築技術審査証明を取得している。)

  • 施工実績


    1. 尼崎駅ホーム上家新設工事

    2. 三国ヶ丘駅コンコース耐震補強工事

    3. 戸越銀座駅上家建替工事

    4. 池上線旗の台駅ホーム上家建替え工事

Copyright © 2022 rail-act. All Rights Reserved.