menu

鉄道ACT研究会 鉄道建設改良技術の向上を目指して

PR対象工法

補修補強技術

  • お問い合わせ
HOME > PR対象工法一覧 >建築技術 > 杭柱アジャストジョイント工法

杭柱アジャストジョイント工法

東日本旅客鉄道株式会社

千代田工営株式会社

  • 技術の概要


    本工法は、旅客上家等の基礎の施工の合理化を図ることを目的として、鉄筋コンクリートの直接基礎に替え、鋼管杭を打ち、それに鉄骨柱を直接取り付ける接合方法です。本接合部は、剛接タイプとピンタイプの2種類あり、いずれも鋼管杭の心ずれとベースプレートの高さを調整できます。

    ●開発前
    ●開発後

    開発後

  • 適用箇所


    1. 盛土ホームの旅客上家の新築、改築及び延伸

    2. 桁式ホームの旅客上家の新築、改築及び延伸(ホーム桁に載らない場合)

  • 特徴及び優位性


    1. コストダウン

      施工条件に左右されますが、昼間作業の拡大でコストダウンが可能となります。

    2. 工期短縮

      現場作業が少なくなるため、工期短縮が可能です。

    3. 安全性

      ホーム上の仮囲いが小さくなるため、旅客の安全性の向上が図れます。

  • 施工実績


    1. 両国駅貨物上家延伸

    2. 東鷲宮駅旅客上家

    3. 荒川沖駅旅客上家

    4. 相原駅旅客上家

    5. 銚子駅旅客上家

    6. 嵯峨嵐山駅旅客上家
      (嵯峨野線)

    1. 中山駅旅客上家

    2. 鴨宮駅旅客上家

    3. 岡部駅旅客上家

    4. 新潟駅旅客上家

    5. 大月駅旅客上家

    6. 下大利駅旅客仮通路
      (西鉄)

    1. 東京駅旅客上家

    2. 小林駅旅客上家

    3. 白木原駅旅客待合室架台
      (西鉄)

    4. 川崎駅旅客上家

    5. 北鎌倉駅旅客上家

    6. 石岡駅旅客上家

  • その他


    本工法で使用する鋼管杭の外径はφ267.4で、接合する鉄骨柱の最大は200サイズ以下とします。

Copyright © 2022 rail-act. All Rights Reserved.