新技術紹介

ホーム改良工 … 多機能覆工板(ゴムマット不要・絶縁機能付)を活用したホーム柵設置工法

東日本旅客鉄道株式会社
東鉄工業株式会社
日綜産業株式会社
株式会社堀口工業所

技術の概要

盛土式ホームへのホーム柵の設置にあたっては、まず盛土式ホームを桁式ホーム化することになります。桁式ホーム化するには、ゴムマットを不要とした多機能覆工板を活用して、フレーム材と背割れ式高さ調整桁による組合せでホーム先端部を仮覆工します。

この多機能覆工板によりケーブルルート用の盛土撤去、 PC版敷設作業などが連続的に施工可能となります。桁式ホーム化後も仮覆工方法を共通化したことで、PC版穿孔・調整プレート設置などの作業の進捗に対応可能となります。また、仮覆工の撤去・復旧時間を効率化したことで、本作業時間の拡大が図れ、施工性とお客様の安全性が向上する施工法です。

技術の概要

適用箇所

盛土式ホームを桁式ホーム化したホームと桁式ホーム

特徴及び優位性

・施工性
仮覆工の撤去・復旧時間を効率化したことで、本作業時間の拡大(20%)が図れます。また、背割れ式高さ調整桁を活用することで、PC版敷設作業の効率化が図れます。

・工程面
ゴムマットを不要としたことで、仮覆工の効率化に繋がり本作業時間の拡大により工程短縮が図れます。

・安全性
仮覆工の床面はCSR基準値(滑り抵抗値)を満足させ、高さ調整機能により段差解消を図ったことで、ホーム上でのお客様の安全性が向上します。

・経済性
仮覆工は軽量なため人力作業を可能としたこと、作業の効率化を可能としたことなどから、工程短縮が可能となるため、全体工事費の縮減が可能です。

施工実績

  • 山手線 目黒・恵比寿・大崎・池袋・大塚・巣鴨・駒込・新大久保・目白・高田馬場・田町・御徒町・西日暮里・有楽町駅・原宿・田端・鶯谷・五反田・秋葉原・代々木・上野・神田・日暮里・品川駅
    (24駅ホーム柵稼動)

多性能覆工板等の構成と種別

多性能覆工板等の構成と種別