新技術紹介

地盤改良工 … DCI多点注入工法

日本基礎技術株式会社

技術の概要

技術の概要

構造物直下や軌道近傍の薬液注入では、少しずつゆっくりと注入することで変位が低減されますが、従来の方法では莫大な時間と手間を要し、施工効率の改善が課題でした。
そこで、『DCI 多点注入工法』は、低吐出量のポンプを用いて多数の注入ポイントから同時に注入し、急速施工を可能にしました。
薬液の選定により、液状化対策を目的とした本設注入から、止水・地盤強化を目的とした仮設注入まで適用できます。

技術の概要

適用箇所

適用箇所

特徴及び優位性

浸透注入により地盤の変位を最小限に抑制出来ることから、軌道近傍・直下の昼施工が可能。

1ポンプ当りの注入速度は低速(毎分1~6㍑)ながら、多点同時注入(32連)による急速施工が可能。

コンパクトにユニット化された専用システムにより、狭隘部での施工が容易。

注入圧力や構造物変位に応じて、個々のポンプを機械的に自動制御。

フレキシブルな注入管を集積し、占用範囲を限定。

深度方向のステップ長は地盤条件にあわせて0.5~2.0mの範囲で任意に設定可能。

施工実績

施工実績