新技術紹介

山岳トンネル … 覆工コンクリートトータル養生工法(トンネルバルーン)

西松建設株式会社
株式会社東宏

技術の概要

トンネル覆工コンクリートは打設後20 時間程度で脱型され,その後の養生はあまり行われていな
いのが現状である。トンネルバルーンは覆工コンクリートの脱型前後の養生に着目して,覆工コンク
リートの品質向上を図るトータル養生システムである。コンクリート打設直後および脱型後に繊維
シートによるエアマットでセントルおよび覆工コンクリートを覆い,コンクリート自体の温度・水分
を利用して初期養生を確実に行う。新幹線トンネルでその効果が確認されている。
トンネルバルーンは、以下の2つのバルーンから構成されています。
①コンクリート打設から脱型までの養生に使用する「セントルバルーン」
②セントル脱型後から初期材齢の養生に使用する「コンクリート用バルーン」

技術の概要

適用箇所

トンネル覆工コンクリート

特徴及び優位性

特別な熱源が無くともセントル脱型までの養生温度を安定して保つ

内部拘束による温度応力ひび割れの低減

初期乾燥収縮ひび割れの低減

強度発現の促進

施工実績

発注者 工事件名
(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構 北幹、飯山T(東菅沼)他工事
(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構 北幹、松ノ木T(西)他工事
国土交通省北陸地方整備局 国道289号9号トンネル工事
岩手県盛岡地方振興局 梁山ダム建設主要地方道盛岡大迫東和線トンネル構造工事
京都府中丹広域振興局 府道舞鶴和知線道路新設改良工事
国土交通省北陸地方整備局 国道17号和南津トンネル復旧工事
国土交通省北海道開発局 一般国道229号余市町ワッカケトンネル工事
国土交通省北陸地方整備局 七尾トンネル工事
(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構 北海道新幹線、舘沢トンネル外1箇所 他
国土交通省北陸地方整備局 能越道 氷見第8トンネル工事
国土交通省東北地方整備局 国道45号田老第6トンネル工事
他200件(他社施工分含む)