新技術紹介

立体交差 … ESCON歩道床版

株式会社エスイー

技術の概要

超高強度合成繊維補強コンクリート『ESCON』を用いたプレキャストRC床版。
高耐久・軽量のため、老朽化した跨線橋、連絡橋等の歩道部床版での効果が期待。
目地部止水構造により、軌道への漏水の心配が無い。

施工順序(跨線橋の一例)

技術の概要

構造例(跨線橋)

技術の概要

適用箇所

跨線橋、連絡橋等の歩道部床版に適用。

特徴及び優位性

部材の軽量化:100N/㎟以上の超高強度を活かし、重量が既設床版と同等以下

高耐久   :緻密構造で劣化因子の浸入がなく、高腐食環境下でも耐久性発揮

コストダウン:高耐久のため更新が不要(従来技術が50年後、再施工だとLCCが約2%削減)
        ※概算/㎡当り;従来技術:IC 6.8万円-LCC 13.6万円、本技術:LCC 13.4万円

工期短縮  :デップレート床版よりも約13%削減

安全性向上 :補強繊維の架橋効果により軌道への剥落を防止

施工実績

  • 坂之上人道橋補修工事(鹿児島市建設局):JR指宿(いぶすき)枕崎(まくらざき)線跨線橋

    技術の概要

  • 梅崎橋(香月楠橋1号線)橋梁補修工事(北九州市建設局):跨道橋