新技術紹介

立体交差 … COMPASS工法

東日本旅客鉄道株式会社
鉄建建設株式会社
株式会社ジェイテック
株式会社ホクト
ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会

技術の概要

COMPASS工法(COMPAct Support Structure method)は、構造物の外周の地盤を地盤切削ワイヤーにより切削し、その後方から防護用の鉄板を挿入し、防護用の鉄板で囲まれた内部に函体を築造する線路下また
は道路下横断工法である。

技術の概要

適用箇所

内空3m×3m 程度,延長20m程度の線路下または道路下横断構造物

特徴及び優位性

陥没・隆起の心配がほとんどない

土中の支障物をワイヤーソーで切断するため,礫混じりの地盤でも施工が可能

土被りの浅い施工が可能

工事費縮減と工期短縮が可能

施工実績

  • 大糸線 南神城・神城間54k490m付近こ道橋新設工事
  • 烏山線 滝・烏山間国道294号こ線橋(歩道)新設工事
  • 東北本線 南福島・福島間太平寺こ道橋新設工事
  • 東北本線 須賀川・安積永盛間 荒街道踏切下排水路新設工事
  • 日光線 文挟・下野大沢間東西連絡通路(自転車・歩行者)新設工事
  • 横浜線 矢部駅構内地下道新設その他工事
  • しなの鉄道 田中・大屋間蛇川橋梁改修工事