新技術紹介

立体交差 … JES工法

東日本旅客鉄道株式会社
鉄 建 建 設 株 式 会 社
ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社

技術の概要

JES(Jointed Element Structure)工法は、地中に挿入するエレメントの軸直角方向に力を伝達
可能な継手を有する鋼製エレメントを用いることにより、路盤面下に非開削で箱型ラーメン形
式または円形などの構造物を延長に制約されずに構築することができる工法である。

技術の概要

適用箇所

線路および道路下横断構造物本体構築工

エレメント橋台

特徴及び優位性

線路および道路下の推進・けん引が1回ですみ、軌道面や舗装面に与える影響が小さい

エレメントが引張力を負担し、充填したコンクリートが圧縮力を負担する

工事費縮減と工期短縮が可能

HEP工法との併用が効果的

上床版を薄くでき、アプローチ部の延長短縮が可能〔JES工法(工事桁併用タイプ)〕

※ HEP&JES 工法は、平成12 年11 月に(財)先端建設技術センターから技術審査証明を取得
※ HEP&JES 工法は、平成13 年度土木学会技術開発賞を受賞
※ 地盤切削JES工法は、平成27年度土木学会技術賞を受賞(二ツ家Bv)

施工実績

  • 京成電鉄稲毛・みどり台間新港横戸町線交差部
  • 東海道本線菊川駅構内朝日Bv 新設工事
  • 江差線上磯・茂辺地間富川Bv 新設
  • 東北自動車道大玉地区函渠工事
  • 関西本線椿町Bv 新設
  • 東北自動車道松塚バイパス函渠工事
  • 中央自動車道八ヶ岳南地区地下横断函渠工事
  • 高崎線桶川・北本間二ツ家Bv 新設
  • いわて銀河鉄道巣子・滝沢間野沢架道橋新設
  • 名神高速道路藤下地区地下横断函渠工事
    他115 箇所(2016 年9 月現在)