新技術紹介

橋梁 … 本設利用PC工事桁工法

鉄建建設株式会社

技術の概要

線路下に構造物を新設する場合、工事桁工法が多く用いられていますが、本設利用PC工事桁工法ではPC(プレストレストコンクリート)桁を使用し、工事完了後は撤去せずそのまま本設構造物として利用します。

左右の主桁に横桁(3カ所)と組立部材数を減らし、事前に設置したストッパー等を定規にして、夜間短時間に桁1連を分割架設/一括架設する工法です。

技術の概要

適用箇所

盛土駅のラーメン高架橋化や自由通路の設置工事
軌道階を含む駅ビル建設
小河川/排水路の改修や桁架替工事

適用箇所

特徴及び優位性

工事桁の撤去、軌道復旧が不要であり工期短縮とコストダウンが図れます。

支承台等を事前設置しておき、桁1連を1線路閉鎖間合い(3.5~4.0h)で架設します。

ゴム支承のPC桁であり、仮設時は鋼桁に比し列車騒音の低減が図れます。

完成形は、構造物への振動伝達を少なくできます。

施工実績

  • 中央線連立事業東小金井駅仮自由通路(工事桁3 線×1 連=3 連)
  • 新宿南口基盤整備事業(5 線×10~12 連=56 連)
  • 五反田駅改良工事(4 線×2 連=8 連)
  • 京阪榎並第3 架道橋桁架替工事(4 線×1 連=4 連)
  • 鷲ノ巣・山崎間ヴィタウシ川B 桁取替2(桁架設)(1 線×1 連=1 連)
  • 予讃線海岸寺・詫間間第2 北浦橋りょう改良工事(1 線×1 連=1 連)、他

施工実績