新技術紹介

高架橋 … RC構造物の高さの変更工法

東日本旅客鉄道株式会社

技術の概要

本工法は、暫定使用時と完成時のRC高架橋等の縦断や高さが異なる場合、当初施工時に、供用中は所要の性能を保持しつつ、必要な時に容易に上下に分離できる継ぎ手部を施工しておくことにより、完成形構築時にジャッキアップ等により縦断・高さの変更を可能とする工法です。これにより、暫定使用時の仮高架橋が不要となるとともに、完成形構築時に仮高架橋の撤去・新高架橋の構築が不要となり、コストダウン・工期短縮が図れます。

技術の概要

適用箇所

RCラーメン高架橋、その他類似RC構造物

特徴及び優位性

・仮設高架橋が不要
暫定使用時に完成形の構造物を使用できるため、仮設高架橋が不要となります。

・コストダウンが可能
仮設高架橋が不要となるため、コストダウンが可能です。

・工期短縮
暫定使用時から比較的簡単なジャッキアップをすることで完成形の構造物を構築することが可能であり、工期短縮が図れます。

施工実績

  • 南武線稲城長沼駅付近高架化工事

施工実績