新技術紹介

基礎工 … e-コラム工法

株式会社大林組
株式会社 特殊構工法計画研究所

技術の概要

線路近接場所での地盤改良(土留め工)や杭工事において、鉄道軌道への影響を抑え、短工期で施工できる機械攪拌式地盤改良工法です。
従来の回転撹拌(かくはん)機構に起振(バイブレーション)機構を付加した超小型・高削孔能力を備えた機械を用いて施工することで、止水性の高い土留め工や防護工、杭基礎(ソイルセメント体径φ400~800mm)を構築します。

技術の概要

適用箇所

空頭制限(3mまで)のある狭あいな場所における下記の用途に適しています。

用 途 配 列 適 用 例
地盤改良杭・基礎 連続または単独 工作物基礎、仮設柱状改良体など
遮水壁 連続 深礎杭用止水壁など
抑止杭 連続または単独 擁壁基礎部や法面の抑止杭
孔壁防護工 連続 場所打ち杭(リバース工法など)防護壁
土留め壁 連続または単独 ソイルセメント柱列壁
本設鋼支持杭 連続 ソイルセメント鋼杭

特徴及び優位性

原位置撹拌工法であり、場所打ち杭のような削孔を伴わないため、周辺地盤や近接構造物(鉄道軌道など)への影響が少なく、安全・安心な施工が可能です。

コンパクト型削孔機(幅1.5m、長さ3.5m、高さ3.0m)を用いるため、狭あいな箇所や空頭制限が3m程度の厳しい施工条件での杭・地盤改良工事の計画が拡大します。

回転撹拌機構に起振機構を付加し高い削孔能力を発揮するため、従来の同型機では施工不可能であった硬質地盤(N値30~50程度)にも対応でき、かつ工期短縮が図れます。

上記3つの特長により、従来工法よりコスト縮減が可能です。

施工実績

  • 【場所打ち杭防護壁】 広島橋上駅新設工事、新潟駅付近高架化工事ほか、計7 件
  • 【土留め壁・止水壁】 帷子川右岸雨水幹線下水道整備工事、柿川放水路工事ほか、計8件
  • 【抑 止 杭】 新幹線2K680付近北盛土改築ほか、計3件
  • 【支 持 杭】 品川駅物流地下通路整備工事1件

合計19 件