新技術紹介

施工機械 … 狭隘部小径杭打設工法(かべぎわ君JM工法)

東日本旅客鉄道株式会社
株式会社エムオーテック

技術の概要

既製小径杭の打設を狭隘箇所においても可能とした、人力を主体として施工する、小型の施工架台を利用した杭打設工法です。特に狭隘箇所のうち、壁状構造物に面した場所ではこれまで、施工機械設置のために壁面等から所要の離隔が必要で、最接近した位置での機械施工が困難でした。当工法ではこの問題が解消でき、壁面等から杭芯が、300mmに接近した位置での施工を可能とする、施工架台を利用した狭隘部既製小径杭打設工法です。施工は、動力として電動トルクレンチを使用し、反力機構を有した施工架台に装着して打設する、人力を主体とした作業となります。施工架台は軽量で、搬入、運搬が容易でかつ、小型であることから留置場所の省空間化も図ることができます。

技術の概要

適用箇所

狭隘箇所(低空頭,狭幅員)における既製小径杭の打設

特徴及び優位性

・優位性
狭隘箇所での既製小径杭の打設が、これまで難しかった壁状構造物の近傍においても可能となり、杭芯との離隔が300mmまでの位置での施工ができます。施工は動力に電動トルクレンチを採用した、人力を主体とした作業で、架台の搬入、運搬にも大きな重機械は必要としません。架台は小型(L2.3m×B0.9m×H2.8m)で、留置に必要な空間は極小となります。

・作業性
人力を主体とした作業であるため、大きな重機械は必要としません。


施工実績

適用工事 施工数量
山手線可動式ホーム柵設置工事 φ139.8 L=4.50m x 56本
渋谷駅改良(南)1 φ139.8 L=9.15m x 3本