新技術紹介

施工機械 … 狭隘型リバース杭施工機

東急建設株式会社
株式会社北斗工業

技術の概要

鉄道営業線に近接した場所など、限られたスペースでのリバース杭施工に最適な機械です。杭坑を挟んで掘削装置と資機材供給装置を向かい合わせに配置することで、省スペース施工と掘削から鉄筋かごの建込み、コンクリート打設まで一連の杭施工が可能です。機械幅が1.3mと非常にスリムなため、列車の運行や人の往来を妨げずに一連の基礎杭施工が可能なユニットシステムです。掘削装置と資機材供給装置を併用することにより、13tまでの鉄筋かごの建込みも可能です。装置は3t以下の部材に分割することができ、狭隘な場所への搬出入、組立が容易です。

技術の概要

適用箇所

狭隘部(営業線近接部、線間、ホーム上等)のリバース杭の施工

特徴及び優位性

機械幅1.3mのスリムなリバース杭施工機

1台で掘削からコンクリート打設まで施工できる

最大13tの鉄筋かごの建込みが可能

各装置は3t以下に分割して搬送可能

走行レールにより人力で装置移動・セットが可能

施工実績

施工実績

  • 最大杭径 φ1,500㎜
  • 最大杭長 38m
  • 施工総本数 56本