新技術紹介

立体交差 … WSジョイント工法

東日本旅客鉄道株式会社

技術の概要

パイプルーフ工法、パイプビーム工法等に用いられる鋼管継手にv新たに開発したWSジョイントを用いることにより、地盤のゆるみを極力無くすための裏込め注入による充填作業が容易になり、かつ確実な注入効果が得られる工法であります。パイプルーフ等の鋼管の施工本数も同時に減らすことが出来るため、施工性、経済性を発揮する工法です。

技術の概要

適用箇所

線路下横断工法に用いられるパイプルーフ工法、パイプビーム工法等に用いることが可能です。継手は、継手間隔を任意に製作することも可能で、用途、構造物に合わせた鋼管の配置計画が可能となります。

特徴及び優位性

・性能
鋼管推進時の地盤のゆるみを継手を利用して裏込め注入を行うことにより、確実な注入による路盤陥没の防止を図ります。

・コストダウン
鋼管間隔が大きくなり、鋼管の施工本数が減らせることにより、工期工事費の10~8%程度の削減を図れます

・作業条件
既往の裏込め注入設備で施工が可能です。裏込め注入孔が減少することから施工が容易になります。

施工実績

  • パイプルーフ工法 φ800  L=76m 11本(836m)    (JR東日本)
  • パイプルーフ工法 φ1016 L=84m 15本他(1542m)  (首都高・中央環状新宿線)