新技術紹介

橋梁 … 形鋼工事桁工法

東日本旅客鉄道株式会社

技術の概要

形鋼工事桁は、鋼板を溶接しないで、主桁、棚板、枕木受桁に形鋼を用いて、高力ボルトで接合して製作する工事桁である。本工事桁を用いることにより施工費のコストダウンと施工性の向上を図ることができる。

技術の概要

適用箇所

形鋼工事桁は、溶接費が不要となり、溶接ひずみの発生がなくなる。

特徴及び優位性

形鋼工事桁は、溶接費が不要となり、溶接ひずみの発生がなくなる。

施工費のコストダウンと施工性の向上を図ることができる。

施工実績

  • 常磐線第2南千住Bv貨物線工事桁 ・南武線 本宿Bv工事桁
  • 成田線成田駅構内囲護台工事桁
  • 東海道本線 戸塚駅付近工事桁
  • 東北本線長町高架橋工事桁
  • 常磐線 第二金町こ道橋工事桁
  • 盛岡駅地下自由通路工事桁
  • 山手線 第一戸塚Bv工事桁
  • 常磐線川尻駅構内自由通路工事桁
  • 雀宮駅連絡通路工事桁
  • 水郡線那珂川橋りょう工事桁
  • 中央線承知堰橋りょう改築工事桁
  • 中央線国立駅部工事桁
  • 越後線白山構内工事桁
  • 信越線飯門田新田線工事桁
  • 東北本線第二下田端こ道橋改築工事桁
  • 鹿島・日立木間永渡こ道橋工事桁
  • 上越線もみじ橋Bv新設工事桁
  • 国分寺駅構内第一府中街道こ道橋工事桁
  • 新宿駅東西自由通路新設工事桁
  • 仙石線多賀城工事桁
  • 内房線袖ヶ浦駅構内こ道橋工事桁