会員のページ

東北本線平泉・前沢間衣川橋りょう改築工事現場見学会報告


平成18年10月26日(木)に平成18年度3回目の現場見学会として、東北本線平泉・前沢間衣川橋りょう改築工事の見学会を開催致しました。この工事は、一関遊水地関連事業として一級河川北上川水系衣川の堤防改修に伴い、東北本線衣川橋りょうのRLを約4m扛上するものです。
施工区間は、起点方から南部アプローチ部1,033m(鉄建・東洋JV)、橋りょう部162m(鹿島・錢高JV)、北部アプローチ部535m(奥村・東鉄JV)の3工区、1,730mです。
当該現場では、鉄道ACT研究会のPR対象工法である「先端プレロード場所打ち杭工法」及び「内巻きスパイラル工法」が採用されました。

当日は、JR東日本東北工事事務所盛岡工事区の佐藤区長、栁川助役もお見えになり、橋りょう部の現場事務所会議室でプロジェクト概要、各工区の所長より工事概要についてご説明いただいたのち、現場にて先端プレロードユニットの実物を見せていただき、南部アプローチ部から橋りょう部、北部アプローチ部までご案内いただきました。参加者は、25社44名と少なめでした。
当日の夜、コンクリートの打設があるということで、大変お忙しいところにお邪魔しましたが、丁寧に対応していただきました関係者の皆さま、誠にありがとうございました。無事故でのしゅん功をお祈り申し上げます。